女子たちの本音 vol.1 【辰原奈緒様】

image

いつ、どんなきっかけで、「布ナプキン」に興味を持ちましたか?

小学校6年生くらいの時に初潮がきて、最初はふつうの使い捨てナプキンを使っていたんです。

最初の子供を産んだ頃に、通販カタログで初めて布ナプキンの存在を知って、こんなものがあるんだなーと、使い始めたのがきっかけだったと思います。

うふふわ。を、いつ、どこで知りましたか?そのときの第一印象は?

image

小学校6年生くらいの時に初潮がきて、最初はふつうの使い捨てナプキンを使っていたんです。

最初の子供を産んだ頃に、通販カタログで初めて布ナプキンの存在を知って、こんなものがあるんだなーと、使い始めたのがきっかけだったと思います。

なぜ最終的に、布ナプキンを選んだのですか?

image

もちろん、生理もウキウキしていなかったし、使い捨てナプキンを使っていたときは「漏れるから」と、より大きなものを使ったり。

布ナプキンを使ってみて、まず「不快」じゃないし、洗ってキレイになるのも嬉しいし、
本当に、生理が来るのが楽しみなんですよ!

実際、漏れるんです、やっぱり。だって、布ナプキンってちっちゃいし、不安で2枚3枚って重ねると、ゴワゴワするし。

それでも、全然気持ちいいんです!何この、あたたかい感触!って。ほんっとうに違うんです!

「また生理が来た!布ナプキンが使えるぞ!」っていう、生理に対する意識は全然変わったりしました。

いつものパンツだけよりも、生理の日の方が、気持ちいいんです。だから、何十年も布ナプキンを使い続けています。

実際に、リーフの使い心地はいかがですか?

image

直接、リーフを出口にあてておさえるっていう、この革新的な使い方!
この使い方を、(内田)登代紀さんに教えて頂くまで、布オムツと同じようにつかっていたんです。

直接、グイッ!と二つ折りにして挟むような使い方を、今までしたことがなかったんですよね。

ただ、出てくるものをお皿で受け止めるイメージだったのが、あ、そうか、出てくる前に止めればいいんだ、っていうことを、リーフに教えてもらいました。

私の中では、すごく革新的だったし、他の布ナプキンも、いまでは同じように使うようになりました。

リーフを使うようになって、布ナプキンの使い方がかわりましたね。

布ナプキンの、良いところを教えてください。

image

布ナプキンのいいところは、肌触りと、自分が女性であることが楽しくなること、他の時にも使えるところ。

使い捨てナプキンは、毎回買うけど、生理の時以外にあまり使おうと思わないじゃないですか。

でも、布ナプキンだったら「今日ちょっと、おりもの多いな」と思ったら使えるし、産後の尿漏れのときとかも、使っていて気持ちいいんです。

産後は、ちょっと傷ついたりしてるんですけど、布ナプキンだと使っていても痛くないんです。

すごく、本当に使えるんですよ!いつでも味方!みたいな。生理の時に限らず、しょっちゅう布ナプキン使ってますよ!

布ナプキンの、良いところを教えてください。

image

あとはやっぱり、使い始めのハードルの高さ。

それがいちばんだとおもいます。それさえ乗り越えたら、本当にほかのマイナス点とか吹っ飛ぶくらい、布ナプキンっていいんです!気持ちいいんです。

でも、使い始めのハードルの高さって、使い始めさえすれば、乗り越えることができるかっていうと、そういうわけではないんです。

「やっぱり漏れるじゃん」とか、「やっぱり洗濯めんどうじゃん」とか、洗濯のコツをつかめるまでは、キレイにならずにシミが残ったりとかがあるんです。

あと、やっぱり初期投資。「何枚揃えればいいの?」とか。

そういう、使い始めのハードルの高さはあるかもしれないですね。

みんな、本当は興味があって「布ナプキンを使ってみたい!」と思っていても、最初が使い捨てナプキンだったばっかりに、使い始めのハードルが上がってしまっているんですよ。

最初から、お母さんが、学校が「布ナプキン」っていうのを教えてくれていたら、また違うかもしれませんね。

初潮が始まった時に、一人でも多くの女の子が、布ナプキンを使える世の中が来たら、すごくいいなと思いますね。

女性たちの本音 バックナンバー

このページの上部へ