女子たちの本音 vol.2 【礒嶋聖子様】

image

いつ、どんなきっかけで「布ナプキン」に興味を持ちましたか?

image

別のメーカーの布ナプキン、前から持っていたんですよ。
知り合いの方から「布ナプキン、いいんですよ」っていうお話をちょこっと聞いたので、「あ、じゃあ、ちょっと使ってみようかな」と、買ってみたんです。

でも、買ったはいいけど、使ってなくて。タンスの中にしまい込んでいたんです。
どこかで「布ナプキン怖い」みたいなイメージがあったんです。

布ナプキンを使おうと思ったきっかけは、(内田)登代紀さんから布ナプキンの話をきいたからなんです。

「布ナプキン、こんな風に良いよ〜」って一生懸命話しているのを聞いて「あ、じゃあちょっと使ってみたいな、そういえば、私持ってるし」と。

うふふわ。布ナプキンの、第一印象は?

image

明らかに、さわり心地とかが違っていたんですよ。以前、買ったものと比べて。デザインも可愛いし。うふふわ。の布ナプキンをさわった時に、優しい気持ちになるというか。

「あ、なんかいいな」と思っていたら、うふふわ。の布ナプキンは「今治タオル」って言っていたから、「あ、やっぱりこだわっているんだな」って。

デザインの花言葉に込められた想いとかも聞いて、そういう、「作り手側の想い」が、うふふわ。にはいっぱいあるんだなと思いました。

なぜ最終的に、うふふわ。の布ナプキンを選んだのですか?

image

着け心地も、やわらかいし、温かかったんです。デリケートゾーンを冷やさなくていいかも、と思ったんです。

今、毎日「ライナー」を使っているんです。つけているととても安心感があるので、私のお守り的な存在になっています?

実際に、うふふわ。の布ナプキンを使ってみて、いかがですか?

image

自分の中から出てくる「おりもの」の匂いとかで、自分の体調がわかったりとかするんです。布ナプキンを洗濯するときに、自分の中から出て来ているものを、改めて感じることができる「一つの手段」みたいな感覚があります。

生理の時も、そうなんですよね。あんまり血が付かないように工夫はしているし、洗うのはもちろん大変なんですけど、洗っているときに「あ、この匂いは」って感じながら洗っています。

子宮内膜が剥がれ落ちたものがここにきているんだな、もともと自分だったものが、ここに今出てきてくれているっていうものを見ると、なんか嬉しくなるんです。

使い捨てのナプキンを使うこともあるんですけど、そのときは、あんまり(出ているものを)見たいとは思わないんです。でも、布ナプキンについたものは「見たい」と思えるんです。

布ナプキンの良いところを教えて下さい

image

布ナプキンを使い始めて、意識が変わったというのがすごくありますね。自分を大事にしたい気持ちが、すごく大きくなったなぁーと。

パートナーのこともそうですし、(デリケートゾーンは)大切な場所なので、常にきれいにしておきたいなと思うようになりました。

女性たちの本音 バックナンバー

このページの上部へ